「眠れなくてつらい!」を克服するために知っておきたいこと

MENU

快眠と運動

快眠のためにはいつ運動すればいいの?

ラン朝に屋外で運動をする場合、太陽の光を浴びられるというメリットがあります。朝日を浴びると、体内時計が調整されたり、メラトニンという睡眠物質が分泌されやすくなるので、睡眠にとって良い効果が期待できます。
また、深部体温がもっとも高い夕方に運動する場合、運動時で一時的にあがった体温が、汗によって放熱され、スムーズに深部体温が下がるため、眠りやすい状態になるようです。

強度の高い運動は眠りにくくなる

このように、朝運動しても夕方運動しても、睡眠の質を高める効果はありますが、強度が高い運動は、行う時間を選ばないと不眠を引き起こす可能性もあるので注意しておく必要があります。というのも、強度の高い運動をすると、脳や体を興奮し、眠りにくくなってしまうからです。

快眠のためのおすすめの運動

朝は、朝日をしっかりあびることができるし、自分のペースでできるので、長続きしやすいウォーキングやジョギングがおすすめです。朝日を浴びた後に、朝食をしっかり摂ることによって、体内に朝昼晩のリズムが整い、就寝時の入眠もスムーズになるだけでなく、熟睡もできるようになります。
ただ寝起きは血流が少なく血管が収縮した状態にある為、寝起きに突然運動をすると細くなっている血管に大量の血が流れる事になり、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まります。寝起きから30分程度で血管が収縮した状態がもとにもどると言われていますから、運動はその後にするのがよいでしょう。
夕方は、強度の高い運動は、就床時間の2時間前には終えるようにし、そこからは20分から1時間程度のウォーキングがおすすめです。ランニングの場合、運動量が多いため呼吸が速く浅くなりますが、それに伴って副交感神経のレベルも低下。ましてや深部体温が下がり始める夜更けに走ると、快眠にむけて着々と進んでいる体の準備が台無しになるので、やめた方がいいでしょう。
就床15分前くらいからのストレッチはおすすめです。リラックスと体温をじわりと上げることで、いい感じで眠りに入っていく効果が期待できます。

味の素 グリナ 30本入り

新品価格
¥7,682から
(2016/4/23 17:56時点)

PAGETOP
Copyright © よい睡眠のために知っておきたいこと All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.