「眠れなくてつらい!」を克服するために知っておきたいこと

MENU

快適な眠りに導く入浴法




深部体温と入浴の関係のコピーすると、温かいお湯の中に身体を入れるため、身体は温まっていきます。身体が温まれば末梢の血管は拡張します。すると、お風呂から上がった後には身体から熱がどんどん逃げていくことになり、体温の低下速度が速まります。体温がある程度下がると私たちは眠くなります。また、体温の低下速度が早い場合、眠気が強くなると考えられています。また、ある程度の温度で身体を温めると、寝付く際に徐波(デルタ波)が発生しやすくなります。徐波は深い眠りの時に発生している脳波形のことであり、身体を温めると深い眠りを得やすくなります。
快適な眠りに導く入浴の方法は、まず風呂の温度は40℃前後が一番良いでしょう。この温度であれば、身体を適度に温めることができますので、入浴後の体温低下速度を速めることができます。また、徐波の増加も期待できます。38度より低ければ、元々の体温とほとんど変わらないため、入浴後の体温低下速度は、入浴しない場合とあまり変わりません。また、徐波もあまり増えません。また逆に42度より高ければ、体温も高くなるため、入浴後の体温低下速度は速くなるし、徐波睡眠も増えやすくなります。しかし、交感神経が興奮してしまい、脳が冴えてかえって眠れなくなってしまうのです。
また入浴は就寝の2時間前までにすませておきましょう。寝る直前に入浴すると、寝床に入ったとき、まだ深部体温が高い状態にあり、体内の熱によって交感神経が刺激されて、寝付きにくいからです。
また入浴時間は、身体全体が温まり睡眠に良い効果を与える15分程度を目安にしておきましょう。短すぎると、じゅうぶん身体が温まらないし、逆に長すぎると、湯温も自然と下がってきてしまうため、「体温を上げる」という入浴の目的が乏しくなってしまいます。
入浴剤を使う場合は、発汗作用があるものや、温浴感が持続するタイプがベストです。自然素材の効能により、身体を芯から暖め、ストレス緩和に効果がある薬用入浴剤「バスコーソ」や、別府温泉の湯の花をエキスとして配合している「ヤングビーナス」。さらに、細やかな炭酸が、温浴効果を高めて血めぐりをよくするだけえなく、高ぶった気分を落ち着かせるアロマを使った「バブ 和漢ごこち 解」落ち込んだ気分をふわっと楽にするアロマを使った「バブ 和漢ごこち 楽」など、スキンケア大学ですすめられています。

大高酵素 浴用バスコーソ 100gx6

新品価格
¥1,706から
(2016/1/1 20:01時点)

ヤングビーナス B-30 2700g

新品価格
¥3,100から
(2016/1/1 20:03時点)

バブ 和漢ごこち 月桂樹の香り 9錠入

新品価格
¥614から
(2016/1/1 20:05時点)

バブ 和漢ごこち 月見草の香り 9錠入

新品価格
¥614から
(2016/1/1 20:06時点)

もし、ゆっくり湯船に入る時間がないときは、足湯にするといいでしょう。足で温められた血液が全身を巡り、深部体温を上げてくれます。同時に、弱めの水圧のシャワーで後頭部や首・肩などをマッサージすると、リラックス効果も高まりおすすめです。
最後に日本温泉ネットワークの「うつ・不眠症に効果がある温泉一覧」の中で、唯一効能に不眠症の改善をうたっている戸倉上山田温泉を紹介します。自分はさすがに遠いので行くことができませんが、もしお近くに住んでいたら、一度試しに入ってみるのもいいかもしれません。




PAGETOP
Copyright © よい睡眠のために知っておきたいこと All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.