「眠れなくてつらい!」を克服するために知っておきたいこと

MENU

快眠を促す寝室の色

日々の休息不足に悩む全ての方へ!
呼吸法に注目し開発されたあなたの休息をサーポートする
画期的なウエラブル端末「ツーブリーズ」

睡眠を促す寝室の色

色は私たちの体寝室と心に大きな影響を与えます。寝室の色によって睡眠が左右されることが、2000件の英国人家庭を対象に、イギリスの「トラベロッジ社」行った調査で明らかになりました。もっとも平均睡眠時間が長くなったのは青色でした。青系のカラーコーディネートは、精神的にも身体的にもリラックス効果を生み出すそうです。次に長くなったのが黄色、それから緑色の順番でした。黄・緑色系も高ぶっている気持ちやストレスなどを緩和してくれる効力があるようです

睡眠を妨げる寝室の色

反対に睡眠の妨げになっている色は、紫色や茶色、灰色でした。紫色は、創造性や無意識の思考を刺激する色なので、落ち着いた気分になりにくいのではと思います。また、茶色や灰色は、気持ちが暗くなったり淋しさを感じたりして、快適に眠れないと推測できます。

寝室の色による睡眠時間の違い

ちなみに1日の平均睡眠時間は、睡眠にもっとも適した青色の寝具なら7時間52分、睡眠を最も妨げると考えられている紫色の寝具なら5時間56分と、色によって平均睡眠時間が2時間もかわってきます。
このように、寝室や寝具の色は快眠と大きくかかわってきます。眠り誘う青や黄、緑色を主体に、リラックスできる色に囲まれた心地よい寝室づくりを心がけていきましょう。基本的には色をあまり使わず、3色以内にまとめることも大切なポイントです。

 



PAGETOP
Copyright © よい睡眠のために知っておきたいこと All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.