「眠れなくてつらい!」を克服するために知っておきたいこと

MENU

徹夜あとのリズムのもどし方

徹夜明けになかなか眠れない

徹夜テストの一夜漬けや仕事の追い込み、付き合いなどで寝たくても眠れず徹夜してしまった経験はだれにでもあると思います。
「徹夜をする」という意志がはたらくと、寝る時間になっても自律神経は無意識のうちに副交感神経への切り替えを拒否し、交感神経の優位性を維持しようとするそうです。勉強や資料の作成に集中することで興奮はいっそう高まり、さらに眠気覚ましにコーヒーを飲んだりすることで、覚醒系の神経伝達物質であるドーパミンが盛んに分泌され、興奮性を高めているということです
こうして徹夜をして、やるべきことをこなしてから帰宅すると、すぐにでもベッドに倒れこんで眠ってしまいたい衝動にかられます。ところが、すぐ床についてもなかなか眠れないという経験をお持ちの方は多いと思います。
これは、徹夜によって高まった交感神経の興奮がすぐにはおさまらず、なかなか副交感神経優位へと切り替わらないからです。その結果、徹夜して疲れているはずなのに、なかなか眠れないということが起こるということです。
この交感神経の興奮は、徹夜明けの昼ごろになってようやくおさまりますが、これと昼過ぎに眠気が襲ってくるという現象が重なって、昼間、何時間も寝てしまうと、体内時計がリセットされ、その日の夜に眠れなくなってしまいます。

徹夜明けに睡眠のリズムを取り戻すために

こういった徹夜したときに起きる睡眠のリズム障害を回避するためには、まず徹夜明けの昼過ぎから夜にかけて、決して長時間眠らないようにすることが大切だということです。かといってまったく眠らないのは、さらに神経を興奮させて夜になっても眠ることができなくなる可能性がでてくるということです。交感神経の興奮を適度におさえながら副交感神経優位に働かないようにする仮眠の最適な時間は、20分だと言われています。この仮眠を、夜の睡眠の時刻がくるまでの間、眠気が来るたびに繰り返し取るようにしたらいいそうです。
では夜はどのように過ごしたらいいのでしょうか。いつもの就寝時間の2時間くらい前から、入浴や体操など、たっぷりと時間をかけて体をリラックスするように心がけるようにすればいいそうです。部屋を暗くして、五感を刺激するものはできるだけシャットアウトし、リラックスできる睡眠環境を整えましょう。そうすれば、スムーズに眠りに入っていけるようになるはずです。

Marpac 980A安眠のためのホワイトノイズスリープサウンドマシーンMarpac SleepMate 980A White Noise Sleep Sound Machine 並行輸入品

新品価格
¥8,349から
(2016/7/16 05:23時点)

HDS-2000 ディープスリープII リラクゼーション サウンド/ホワイトノイズマシン Homedics社【並行輸入】

新品価格
¥16,600から
(2016/7/16 05:24時点)

快適な睡眠のために ホワイトノイズマシン コンパクトで旅行にも[並行輸入品]

新品価格
¥13,460から
(2016/7/16 05:24時点)

PAGETOP
Copyright © よい睡眠のために知っておきたいこと All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.