「眠れなくてつらい!」を克服するために知っておきたいこと

MENU

過眠症について

過眠症は、いねむり睡眠障害の一種なのですが眠れない不眠症とは逆に、『日中でも起きていることが出来ない病気』です。その原因が夜間の睡眠障害でなく、体内時計の乱れでもない場合をいいます。過眠症には、ナルコレプシー、特発性過眠症、反復性過眠症などがあります。中でも日本はナルコレプシー患者が世界で一番多いと言われています。
ナルコレプシーは、昼間の耐えがたい眠気や、笑ったりびっくりすると全身の力が抜けてしまう情動脱力発作、寝入りばなに現れる金縛りのような症状である睡眠麻痺や、寝入りばなの夢体験による入眠時幻覚を主な症状とする慢性疾患です。この病気は10代に発症する場合がほとんどで、中年期以降に発症することはまれです。およそ1000~3000人に1人の頻度でみられます。この病気の原因はまだ明らかにされていませんが、最近、オレキシンという脳内物質の低下が、この病気の発症に関わっていることがわかってきました。治療は薬物療法が中心です。日中の眠気を防ぐためには、精神刺激薬を用います。生活の工夫としては、休み時間に20分くらいの昼寝をとる習慣をつけることが大切です。ナルコレプシーは、診断がつかないでいると、職場での居眠りのためになまけ者、あるいはやる気がないなどと誤解されがちです。眠気が産業事故や交通事故の原因になることもあります。したがって、疑いのある場合は専門医の診察を受けて診断を確定し、早めに治療を開始することが重要です。
特発性過眠症もナルコレプシーと同様に日中の眠気がありますが、違う点は「居眠りが1時間以上も持続」、「居眠りから起きるのが困難」、「居眠りから目覚めた後も爽快感がない」、「立ち上がったときの立ちくらみや頭痛など自律神経症状を伴うことが多い」、「情動脱力発作がない」などだそうです。
反復性過眠症は、1~2週間ほど過眠症状を繰り返し、それが少なくても年に1回はあり、過眠症状が出ている期間以外は、まったく問題がないということです。過眠期は一定の周期があるわけではなく、風邪、身体的・心理的変調、飲酒など明らかな誘因が先にあることが多いです。原因不明で、思春期に起こり、加齢とともに頻度がへり、成人になったときには自然治癒しているのが一般的だということです。
もし、夜はきちんと寝ているのに、日中強い眠気が襲ってきてどうしようもないという症状が続いたら、一度精神科を受診した方がいいかもしれません。

PAGETOP
Copyright © よい睡眠のために知っておきたいこと All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.