「眠れなくてつらい!」を克服するために知っておきたいこと

MENU

睡眠時無呼吸症候群

日本には200万人の患者がいるといびきされる睡眠時無呼吸症候群(SAS)、10秒以上呼吸が止まってしまうことを無呼吸といいますが、睡眠中に、この無呼吸が1時間に5回以上、または7時間の睡眠中に30回以上ある状態を、睡眠時無呼吸症候群といいます。いびきは、睡眠中にのど(気道)が狭くなって、空気が通る時にのどが振動してが鳴る状態です。
たかがいびきだろうとあなどってはいけません。放っておくと命を落とすこともあるという恐ろしい病気です。アメリカの睡眠障害を研究した報告書では、睡眠時無呼吸症候群(SAS)になると高血圧の人は一般の成人に比べ2倍、狭心症は3倍、心筋梗塞や脳梗塞の危険は4倍にもなるそうです。さらに糖尿病や不整脈、記憶力低下、精力減退などの不調も引き起こすようです。自覚症状がないので、気づきにくい病気ですが、もし自分がいびきをかく人で、日中、強い眠気に襲われることがよくあり、知らず知らずのうちに居眠りをした経験が何度もあれば、SASの疑いがあるそうです。
睡眠時無呼吸症候群の症状として、覚醒している時には、気道周囲の筋肉の緊張が保たれており、無呼吸になることはありませんが、眠ってしまうと緊張がなくなり、気道が閉塞して無呼吸になってしまうのです。しかし、狭くなった気道を通して呼吸しようとするため、間断なく呼吸努力が続けられます。そのうち、低酸素状態で苦しくなると覚醒反応が起こり、覚醒すると、気道周囲の筋肉の緊張がもどるので呼吸が再開します。その換気の際にいびき音が発せられるということだそうです。無呼吸の時に、覚醒時の5~10倍以上も苦しい呼吸になっているそうです。いいかえると、運動しながら寝ているようなものです。このため、寝汗をかき、口呼吸をするため、起床時に口内はからからに乾燥しています。その結果、起床時に疲労感があります。さらに何度も覚醒反応が起こると睡眠障害となるため、頭が重い、日中の強い眠気などの症状が出てくるのです。
SASであるかどうかは、まず簡易検査を受ける必要があります。自宅に持ち帰られる「簡易検査器」を、呼吸器科や睡眠障害専門クリニック(スリープクリニックなど)で、レンタルして、自宅で1~2晩装着して呼吸状態や血液中の酸素濃度、脈拍数などを測り、無呼吸・低呼吸が1時間に平均して何回あるかなどを調べ、医療機関に返却します。費用は3割の自己負担の場合で、3000~4000円程度だということです。簡易検査の結果、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあれば、確定診断するために、医療機関に1泊入院して、脳波や眼球運動までを調べる「終夜睡眠ポリソムノグラフィー(PSG)検査」が行われるそうです。費用は病院によって大きく異なり、同じく3割負担の場合で、1万5000円~5万円程度と幅があるようです。
SASと診断された場合、現在、治療法には大きく分けて3種類あるようです。軽症の場合はマウスピース療法が行われます。寝るときにスリープスプリントというアクリル樹脂でできたマウスピースの一種を口に装着し、気道を確保するそうです。費用は1万5千円~3万円くらいですむそうです。
中程度以上のSASには、CPAPという治療法が行われることが多いそうです。これは寝るときに酸素マスクのようなものを鼻にあて、鼻から空気を送り込んでその風圧で気道を広げるという方法です。器具は月に1度の通院を条件に医療機関から借りるレンタル方式のようです。症状が中度以上の人には保険が適用され、3割負担で、毎月5000円ほどの費用がかかります。
重症患者には、喉の奥、扁桃腺付近の肥大している部分を外科手術で切除して広げます。現在はレーザーで負担をかけずに手術できるようにはなっていますが、やはり体を切ることは痛みや弊害を伴うようです。CPAP療法がどうしても合わないという場合の最後の選択肢として考えるといいということです
CPAPを使うことで、比較的短期間のうちに大きな変化を実感することができるそうです。そして治療を始めた人とそのままの人とでは、その後の健康状態、死亡率にも大きな違いがでてくるそうです。ただし、CPAPはあくまで対症療法で、SASの根本原因である気道の閉塞が改善されたわけではありません。根気よくCPAP療法を続けながら、体重をコントロールし、飲酒、喫煙習慣を見直すなど、気道閉塞の原因を少しずつでも除いていけば、SASの症状を軽減することが可能になるということです。
治療を受けcpapていない重症患者の9年後生存率は6割というレポートもある怖いSASです。少しでも不安のある方は、SAS治療を受けられる医療機関に問い合わせてみて下さい。

 

 

PAGETOP
Copyright © よい睡眠のために知っておきたいこと All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.