「眠れなくてつらい!」を克服するために知っておきたいこと

MENU

睡眠時間と寿命の関係

TV・新聞・雑誌。様々なメディアで話題騒然!?
日々の休息不足に悩む全ての方へ!
呼吸法に注目し開発されたあなたの休息をサーポートする
画期的なウエラブル端末「ツーブリーズ」

睡眠時間と寿命に関する調査結果

睡眠時間1980年代にアメリカで100万人を対象行われた睡眠時間と寿命に関する追跡調査では、一日6時間半から7時間半の睡眠時間の人が最も死亡率が低く、それより多くても少なくても、寿命は短くなる傾向にあったとされています。特に、長く眠っているほうが問題で、7時間半から8時間半眠る人は、20%も死亡率がアップしたという結果がでまいした。

睡眠時間が長いとなぜ寿命が短くなるのか

睡眠時間と寿命のはっきりした関係は今のところ明らかになっていませんが、睡眠時間が長くなると寿命が短くなる原因の一つとして考えられるのは、睡眠時間が長くなると、その分レム睡眠の割合が増えるということです。レム睡眠は浅い眠りで、体は眠っていますが、脳や眼球は動いています。レム睡眠時は、交感神経の働きが不安定になり、血圧や脈拍も不安定に上下します。すると、血管や心臓に負担がかかり、こうした生活習慣が、長期的に心疾患のリスクを高め、寿命を短くすると考えられます。実際に、心疾患の一つである狭心症の発作は睡眠時の早朝に起こりやすい傾向にあり、その80%がレム睡眠中に起こっているという結果も報告されています。
この研究を行ったカリフォルニア大学のダニエル・クリプペ博士は、「睡眠は食欲と似ている。欲望にまかせてものを食べると、食べすぎて健康を害する。睡眠も、眠たいからといって、いつまでも寝ていると、体によくない」と述べています。

睡眠時間が短いとなぜ寿命が短くなるのか

逆に睡眠時間が短いと、睡眠から得られる様々な効果が十分得られないため、肥満や免疫力の低下など、健康面での悪影響が生じることから寿命を短くすると考えられます。
眠り過ぎると寿命が短くなるのと同様に、睡眠時間が短くても長生きできません。健康に長生きするためには、自分に必要な時間だけ質のよい睡眠をとることです。自分がどれくらいの睡眠時間を必要としているか、簡単にチェックする方法は、ここをクリックして参考にしてみてください。





PAGETOP
Copyright © よい睡眠のために知っておきたいこと All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.