「眠れなくてつらい!」を克服するために知っておきたいこと

MENU

睡眠についての俗説

夢しずく

睡眠については、巷にいろいろな説が流れています。そのいくつかについて、本当か否か検証しながら、眠りについて考えていきたいと思います。

体内時計は25時間

1日は24時間なのに、人間の体内時計の周期は25時間だから、そのままだとずれていってしまうというのはよく聞く話です。
25時間周期説というのは、ずいぶんと昔、適切な実験環境のもとで実験できなかった時代のデータから導き出されたものなのです。
体内時計の測定は、被験者に時間がわからないようにして外部からシャットアウトされた空間で生活してもらいます。体内時計は、朝、光を浴びると前にずれ、夕方の光をあびると後ろにずれることが知られています。以前はかなり強い光でないとずれることはないと言われていましたが、現在は室内の明かり程度でも体内時計に作用することがわかってきました。
体内時計が25時間という結論が導き出された実験では、被験者が自由に電気をつけることが可能でした。夜、灯りをつけて暮らすことによって体内時計の位相がずれてしまい、そのため、実際の固有の周期よりもずっと長い25時間という結果がでてしまったのです。いわば、人の体が、常に光がある状況に対応するためにシフトした状態を測定したわけです。
現在、正確な測定をすると、多くの人の体内時計は平均して24時間、あるいはそれよりほんの少し長いくらいの周期を持っていることがわかっています。
しかし、「25時間」という間違った周期をはじきだしてしまった実験環境によく似た環境で私たちは生活しています。ほとんどの人が、夕方以降、電灯をつけることによって、体内時計を狂わせてしまっているといえるかもしれません。その変化に体がついていけずに、結果として睡眠障害など、さまざまな問題が起きているのかもしれません。

午後10時から午前2時は眠りのゴールデンタイム

午後10時から午前2時は、成長ホルモンが分泌されて、成長期の子供なら背が伸びるとか女性ならお肌がきれいになるなどといわれています。これも俗説のようです。
眠りについて、最初の睡眠単位で、深いノンレム睡眠に入ると、成長ホルモンが多く分泌されます。成長ホルモンは文字通り成長を助けるホルモンですが、大人にも働いてたんぱく質の合成を助けますので、体の傷の修復や肌を整えたりする働きが確かにあります。ところが、何時に眠りについても、最初の深いノンレム睡眠があらわれれば、同じように成長ホルモンは分泌されるのです。これは、時間や時刻に左右されるものではありません。肝心なのは、最初の睡眠単位で、深いノンレム睡眠をとることなのです。そのためには、日中にきちんと活動して、規則正しい睡眠をとることが大切です。

睡眠学習

寝るときに学習に関する音声を聴くと、努力せずに学習できるという商品は、いつの時代にも必ず出てきます。確かに記憶と睡眠には密接な関係があります。しかし、睡眠は「起きているときに学んだこと」を固定化する働きがあるのであって、睡眠中、脳は外界からの情報を処理する能力をほとんで失っていますので、睡眠中に学習することはできません。
睡眠中に何かの学習をするのは無理ですが、起きているとき学習を睡眠中に強化することはできます。将来、睡眠を利用して学習効率をあげるしくみが開発されるかもしれません。例えば日中、学習しているときに何らかの香りを嗅いでもらい、ノンレム睡眠中に同じ香りを提示すると、記憶の定着がよくなるという報告もあります。
夢しずく

PAGETOP
Copyright © よい睡眠のために知っておきたいこと All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.