「眠れなくてつらい!」を克服するために知っておきたいこと

MENU

病院での不眠症の治療

夢しずく

不眠症の初診

カウンセリング病院にかかると、はじめに不眠症の原因を探るために問診やテストなどを行うのが一般的です。問診では、どんなことに困っているのか、不眠の症状はいつ頃始まったのか、きっかけの有無 、今回の症状についての詳細な内容(寝ているときの様子や起きているときの様子)、家庭や職場などの生活環境、過去の心の病気の有無、身体的な病気の既往歴などがよく聞かれます。ご本人のみならず、ご家族からみて、本人がどのようであるかという事も重要な情報です。もしも、ご家族の方が付き添えるのなら、一緒に来院されるのが良いと思います。
不眠症そのものを調べるための検査も行います。検査には、睡眠中の脳波を測定したり眼球運動、心電図、呼吸なども記録し、眠りの傾向や睡眠障害の判定をする睡眠ポリグラフ検査、手首などにセンサーをつけて睡眠覚醒リズムを簡単に調べるアクチグラフ、睡眠状態を確認するために自分で寝た時刻や起きた時刻を記入していく睡眠日誌などがあります。初診で診断が確定すると治療がはじまっていきます。なお初診の費用は、3割負担で3千円~6千円ですが、入院も伴う睡眠ポリグラフ検査を行う場合(不眠症で行うことは稀だそうです)、3割負担で2万円前後はかかります。

不眠症の治療

不眠症治療の第一歩は、睡眠環境に問題がないかを見直すことから始まります。そもそも眠りに悪いことをしていたら、眠れないのは当たり前です。睡眠環境に問題はないのか、ひとつひとつ見直していきます。そして、良い眠りのための正しい生活習慣や環境調整、日中の過ごし方、嗜好品(アルコールやカフェイン、タバコなど)の摂取についてなど、睡眠に対しての正しい知識を提供します。また、睡眠に対して誤った考え方を持っている場合、それを修正することも行います
睡眠の時間帯がずれている不眠症なら、高照度光療法が用いられる場合があります。高照度光(2500ルクス〜)を一定時間照射し、睡眠時間帯を望ましい時間帯に矯正する治療法です。
最近注目されているのが認知行動療法です。この治療法について詳しくはここをクリックしてください。
これらが薬物を使わない非薬物療法になりますが、つぎに薬を使う薬物療法について紹介します。
現在使われる睡眠薬には、ベンゾジアゼビン系、非ベンゾジアゼビン系、メラトニン受容体作動薬、オレキシン受容体拮抗薬の4種類です。(詳しくはここをクリック)効き目ごとに分類すると、脳の活動を鎮めて眠りに導く薬、睡眠・覚醒のリズムを整えて眠りに導く薬、脳の過剰な覚醒状態を抑えて眠りに導く薬の、3つのタイプに分けられるようです。それぞれの症状や不眠のタイプなどによって、効果の長さでお薬を選択したり、複数のお薬を組み合わせたりして使い分けられています。医師とよく相談し、自分にあった薬が見つかれば、不眠が解消し、快適な日常生活を送ることもできます。睡眠薬の使用について不安を感じている人も多いと思いますが、一昔前に比べると、品質がかなり向上しており、副作用も少なくなってきて安全性が高くなっています。むやみに薬を恐れず医師の指示に従って、気長に治療を続けていくことが大切です。
これらの療法に加えて、専門医によるカウンセリングなど、あらゆる角度から不眠症を治療していきます。
なお、治療費は症状や使う薬、病院によって異なりますが、目安として月3千円前後のようです(3割負担の場合)。認知行動療法も健康保険が適用されるようになっています。継続的な通院が必要で、自立支援(精神・通院)を申請して通れば1割負担になります。

夢しずく

PAGETOP
Copyright © よい睡眠のために知っておきたいこと All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.