「眠れなくてつらい!」を克服するために知っておきたいこと

MENU

暑さによる不眠への対策

暑いとなぜ寝苦しいのか

熱帯夜暑い夏をむかえています。地球温暖化の影響か、昔とくらべると、真夏日や猛暑日、熱帯夜がずいぶん増えてきたように思います。熱帯夜は最低気温が25度を下回らない夜のことをいいますが、これが何日も続くと、普段、不眠でない方も、なかなか寝付けないことも多いと思います。この寝苦しさの正体は何でしょうか。
それは、気温が高いうえに湿度も下がらないことからくる体温の下がりにくさが原因のようです。人間は常に体温を調節しながら生きています。そしてこの体温は睡眠と深く関係していて、体温が下がると人は眠くなります。暑い夏の夜は身体の奥に熱を持ったままの状態が続き、暑苦しく、寝汗ばかりかき、眠れなくなるのです。

暑い時の不眠対策

暑い夏の夜の不眠対策としては、いかに体温を下げていくかが重要だということです。
そのためには、まず快適な睡眠環境を作ることです。エアコンや扇風機を積極的に利用しましょう。使い方の一例として、眠る前に寝室のエアコンを入れ、室温を25度くらいにします。ただ室内と屋外の温度差が5度を越えないように注意しなければいけません。ベッドに入ってからは、設定の温度を26~28度と先ほどより少し高めにして、タイマーで3時間後に切れるようにしておきます。睡眠開始の時は、25度くらいの涼しい室温で眠りやすくしタイマーを設定することで、目覚めるための体温の上昇を妨げないようにするのです。エアコンを使う際、冷えすぎないよう、風が直接顔に当たらないようにしなければいけません。顔に風があたると、喉が乾燥して風邪をひいてしまうかもしれないからです。扇風機をつけっぱなしにするときは、体に直接当たらないように風向きを調整すること、壁などに当てて、間接的に体に風が当たるようにするとやわらかい風を流すことができ、よい眠りを誘ってくれます
エアコンが苦手な人でも、氷枕やアイスノンを使えば、眠りやすい環境が作れます。体温は脳の間脳の視床下部がつかさどっています。心臓から脳へと向かう太い血管のある首の後ろを冷やすと、その血液の温度から脳が体温はさがっていると認識し、深い眠りへといざなってくれるのです。これも冷やしすぎは不眠の原因にもなるので、注意しましょう。
漢方薬ならサフランがおすすめです。サフランは、血のめぐりを改善する作用と催眠作用があるといわれています。サフランの服用は睡眠の2時間程度前にして、あつくなった体が冷え始めたころに寝むるようにすればいいそうです。

(「夏の快眠のヒント」のページへ)

 

サフラン成分の入ったにゅうみんサプリメントにゅうみん

グリナ

味の素 グリナ 6本入り

新品価格
¥1,780から
(2017/8/17 08:14時点)

PAGETOP
Copyright © よい睡眠のために知っておきたいこと All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.