睡眠の深さ少し難しい話ですが、筑波大学と理化学研究所のチームが、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」とを切り替えるスイッチ役の脳細胞をマウスの実験で見つけたという記事を見つけました。
それによると、マウスの脳幹部にある特定の細胞群の働きを活性化させるとマウスはレム睡眠をしなくなり、弱めるとレム睡眠がふえることを発見し、この細胞群が、睡眠状態を切り替えるスイッチになっていることがわかったそうです。
さらに研究チームは、この細胞群を使ってレム睡眠を邪魔したところ、ノンレム睡眠の中でも特に深く眠った状態で出る「デルタ波」という脳波が出にくくなることも突き止めました。デルタ波には記憶力向上などの効果があるとされ、レム睡眠が眠りの深さや記憶力などにも影響している可能性があるかもしれないそうです。
専門家ではないので、だから何なのという気持ちもありますが、この細胞群を弱めることでレム睡眠がふえると、もしかしたらノンレム睡眠の深い眠りが得られやすくなるということかもしれません。それに、記憶力がよくなる効果も期待できそうです。
まだまだマウスでの実験の段階なので、研究の恩恵にあずかるのは、ずっと未来のことになるとは思いますが、確実に睡眠のメカニズムの解明が進んでいるんだなあと感じました。

味の素 グリナ 30本入り

新品価格
¥4,810から
(2015/10/23 19:27時点)