5月30日の読売新聞に、睡眠不足に悩む女性のための快眠のヒントが載っていました。
厚生労働省の2015年の国民健康・栄養調査によると、1日の平均睡眠時間が6時間未満の女性は41.2%で、男性より3.8㌽多いという結果が出ています。さらに、女性の場合、月経前は女性ホルモンが分泌されて体温が下がりにくく眠りが浅くなる傾向があるそうです。
記事では快眠のヒントとして、枕をオーダーメイドする方法が紹介されていました。西川産業が運営する「ピローウィーカフェリュックス」では、後頭部から首までのカーブを測り、枕をオーダーメイドできます。
HPを見てみると、基本的に店に訪れたその日に、素材選びから計測、実際の体感をもとに、フィッティングからだと30分から1時間程度で枕を作ってくれるようです。さらに、購入日より1年以内であれば、無料で高さ調整も相談可能です。料金は1万6千円(税抜き)です。また、1000種以上の豊富なパーツの中から選んで作るオーダー枕の商品もあり、こちらは9800円(税抜き)からになっています。
これから暑い夏を迎え、寝苦しい夜も多くなりますが、頭を冷やすこともメラトニンの分泌が促進され快眠につながります。長野県のサ―ミックテクノ社の「ヘッドクーラーココミン」は、頭を冷やす循環式水枕で、冷蔵庫で冷やしたり、氷を作る必要がなく、24時間一定の温度が保たれ快適です。使い方は、自分の枕の上に枕シートを置き、運転スイッチおよび切タイマー、温度設定を入れるだけで、わずか数分で適温になります。
楽天市場で「ココミン」を見てみると…

就寝前に呼吸を整えリラックスするのも快眠につながります。記事では、片方の鼻から吸い、もう片方の鼻から吐き出すヨガの呼吸法が紹介されていました。
まず右図のような手の形を作り、親指で右側の鼻孔を閉じ、左からゆっくり息を吸い込みます。次に、薬指と小指で左の鼻孔を閉じ、ゆっくり息を吐きだします。手を変え、右から吸って、左から吐く方法も行って1セット、これを10回繰り返します。
呼吸に意識を向けることで、考え事から離れられ、リラックスにつながるそうです。 気軽にできる快眠法ですから、一度試してみるのもいいかもしれません。

関連記事: 「夏の快眠対策」