9月7日の読売新聞に、ブルーライトの功罪について「現代人を惑わす青い光」というテーマでコラムが掲載されていたので、紹介します。
ブルーライトは、波長380~500ナノメートルの青色の光で「高エネルギー可視光線」とも呼ばれています。太陽光や蛍光灯など幅広い光に含まれていますが、特に白色LEDに多く含まれています。目の疲れや夜に浴びることによる生活リズムの乱れなど、紫外線に準ずる危険な光として人体への影響が懸念される反面、朝に浴びることで乱れた生活リズムを正すなど、体に良い役割も伴わせて持つことが分かっています。
夜に浴びる過度のブルーライトは、メラトニンの分泌を抑え、意識を覚醒するそうです。これは、ガングリオンフォトレセプターという網膜内のブルーライトを感受する光受容体が、生体リズムに関与するせいだということがわかってきているそうです。メラトニンの分泌が抑えられると、不眠やうつなど様々な体の不調や病気につながる恐れがあります。これが、ブルーライトの生活リズムに対する罪の一面です。
一方、功の一面もあります。朝の光を積極的にあびることは、日々の体内時計のずれを補正し、規則正しく健康的な生活を送る一歩になりますが、太陽が出ていない曇りの日には、ブルーライトが太陽光のかわりになるそうです。青白いブルーライトの光を30cmほどの近距離であびることで、体内時計のリセットする作用が期待できます。
パソコンや携帯ゲーム機器のバックライトに使われている白色LEDは、青色LEDに黄色の蛍光体を組み合わせて白色光を実現しています。つまり、光源が青色のみであるため、ブルーライトが含まれる量が多いということです。
といっても、夜、どうしてもパソコンに向かわなければいけない場面は多々あります。影響を少しでも軽減するためには、ディスプレイの輝度を落としたりブルーライトカットメガネを使うことなどが考えられます。
さっそく眼鏡をと考えたのですが、私は老眼鏡をかけています。こういう場合に使える、何かフィルムのようなものがないかさがしてみました。眼鏡にはるフィルムはありませんでしたが、ディスプレイの方にはるフィルムがありました。効果も眼鏡の30%以上カットと比べて40%カットとやや高め、夜使うのは、自宅のパソコンだけだから、複数必要なわけではなく、これで十分だと考え、購入を決めました。画面にフィルムをはる作業は、なかなか大変そうですが、がんばってやってみます。

サンワサプライ 15.6型ワイド対応ブルーライトカット液晶保護フィルム LCD-156WBC

新品価格
¥2,136から
(2015/9/8 21:21時点)

ELECOM 液晶保護フィルム ブルーライトカット 15.6インチワイド 99.6%UVカット EF-FL156WBL

新品価格
¥2,690から
(2015/9/8 21:22時点)

aiuto ブルーライトカット液晶保護プロテクター ブルテクター 20-22インチ対応タイプ BLC-P2220V-B

新品価格
¥3,980から
(2015/9/8 21:25時点)

aiuto ブルーライトカット液晶保護プロテクター ブルテクター 24インチ対応タイプ BLC-P24V-B

新品価格
¥4,480から
(2015/9/8 21:28時点)