図書館で「つらい不眠症が、朝までグッスリ!~きんねむエキスで悩み解消」 なる本を見つけました。初版が2005年と新しい本ではないのですが、2010年に第5刷が発行されており、根強い人気がある本かなと思って、借りて帰って読むことにしました。
端的に言うと、漢方の生薬として、古くから病気の治癒に用いられてきた合歓花(ネムノキの花)と、金針菜を主成分にしてできる金合歓混合エキスが、不眠やうつ症状の改善に効果があるという内容でした。
金針菜というのは、中国では昔から生薬として使用されていて、近年、日本でも健康食品として注目を集めるようになってきました。金針菜には、体内の熱や気の高ぶりをしずめ、自律神経のバランスを調整する精神安定作用があるそうです。それに加えて、ストレスに対する抵抗力をつけ、自律神経の失調による不眠などに効果をもたらし、特に更年期障害からくる睡眠障害には、卓越した効果があるといわれています。
一方、合歓花は、夏にネムノキの開花直前のつぼみをとり、日陰に広げて乾燥したものをいいます。東洋医学では、鬱(うつ)をとり、気をととのえ、精神を安らかにし、絡を活かす効能があり、強壮、健胃、利尿、鎮痛、鎮静剤としても利用されているようです。また、神経衰弱や健忘症、抑うつ状態で胸苦しいときや不眠症、食欲不振などにも効用があるそうです。このサイトでも、その効果を紹介しているグリシンやGABAも多く含まれています
こういった効果をもつ金針菜や合歓花のエキスを混合することによって、特に、これまで単体ではなかなか改善が難しかった頑固な不眠(背景に重度なうつ病)に対しても、顕著な効果があることが明らかになったそうです。
この金合歓エキス、どうやったら手に入れることができるのか、著書には詳しいことが書かれてなかったので、ネットで検索してみました。意外にヒット数は少なく、「安眠快眠ネット」しか購入できるところをみつけることができませんでした。信頼できる販売元か否かは調べることができませんでしたが、紹介しておきます。


<製品仕様>
主原料 : 金針菜エキス、合歓花エキス、ウコンエキス、レモンバームエキス

内容量 : 115.5g (350mg×330粒)
価  格 : 9,396円 (税・送料込み)

上記のサイトの中に注文フォームがあるので、これを使って注文すればいいようです。(販売元の(株)龍栄総研の情報についてはコチラ